Maria Trinity
【祈りの惑星シナリオ★一斉遠隔ワーク】
 

第2回
2021.10.9 <sat> 14:00~

激動する日々の世界を導く

神聖天文バイブルの惑星シナリオから

大切なメッセージとエネルギーを

受け取って祈るための一斉遠隔ワーク

IMG_3163.jpg

こんにちは!

マリアトリニティでは毎月第2土曜日に無条件の祈りのための一斉遠隔ワークを開催しています。これは9月から始まったワークで、今回の10月9日は2回目の開催となります。参加は無料です。

世界はすでに蓋ができないほどに、ネガティブとジャッジ合戦で溢れています。

覚めにくくなる、という狂気の世界が訪れることが伝えられています。

そんな中で死ぬことを恐れるがあまり、なんとか生きるために死と隣り合わせにある現実を観ないように、感じないように、関わらないようにしてやり過ごす人や、自力では突破口も出口も見つからず、これ以上生きていくよりも死ぬことに希望を見出し命を絶つ人が増えているのも現状です。

 

これはどちらがいいか悪いかではなく、どちらも未来の生死に関わるよりリアルな恐れを抱えている状態あらわしています。

 

そんな時、先が見えないまま激しく変わりゆくこの世界のエネルギーに対して、そしてそのエネルギーによって現象化されていく現実をどう捉えていくのか、がとても大事になりますが

 

これまでの正解や関係性に囚われているままでは、これまでよりもさらに変わりゆくであろう現実に翻弄され、自力が非力であることを突きつけられ、自分自身がなんなのかすらも保てなくなる時が来てしまいます。

 

それは予想でも脅しでもなく、古代から現代を統合する「神観点の惑星シナリオ」によって全解読できる唯一の神聖天文バイブルから、預言として伝えられているシナリオです。

 

神が運行するシナリオによると、来年の3月10日には、全人類が一様にサイキックな能力が開かれるのですが、その力が無条件の神と繋がることに使われなければ、それぞれが自分ではいられなくさせられる別の存在に繋がり、操られ、本来なら人類が長い時を経てようやく向き合えるようになった無条件の愛から離れていってしまい、むしろ目覚めにくくなる、という狂気の世界が訪れることが伝えられています。

 

神のシナリオを信じるにしても信じないにしても、今の変わりゆく世界を見てもわかるように、誰もがそのようなことが起きる可能性を否定することは出来ないのではないでしょうか?

 

では、その半年後に向けてやっておくことは何なのかというと「祈ること」です。

 

祈りと言うのはとてもパワフルです。祈りには現実を変えてしまうような力もあります。その中でも、なんにも制限を持たない「無条件の祈り」は最強です。

 

なぜなら無条件の祈りは、無限の存在である「神と無条件につながるためのもの」だからです。

 

「無条件の祈り」とは、現実を良いか悪いかの二元性も、過去と未来に縛られたトラウマやジャッジも、してあげるかしてもらうかなどの依存や支配、加害者被害者の関係性も越えて、ありのまま捉えることで創り出されるものです。

 

なので、コロナが終息しますように、元の生活に戻れますようになど、個人や集合意識レベルで抱えている闇への恐れから、それをかき消すように光を望み、何かに依存してどうにかしてもらうとお願いし続けていても、無条件の祈りには到達出来ません。よって無条件の神とも繋がることができず、半年後に来る狂気の世界に対しては無力になってしまうのです。

 

この一斉遠隔ワークは、正気な自分を保つのが難しくなる未来が訪れたとしても、無条件の神と繋がり続けられるように、これから約半年かけて、一人でも多くの人の【無条件に祈る力=世界や自分自身をありのまま捉える力】が鍛えられるように開催されます。是非毎月ご参加ください。 

 

狂気の世界に突入しかねないシナリオに向けて、毎月星が動いていっているので、毎月今ここで起きているシナリオのエネルギーを受け取って、そこに対して無条件に捉え祈ることが出来ます。

 

それでは10月9日の「神聖天文バイブルからのシナリオメッセージ」をお伝えします。

 

何度も読んで深くメッセージを受け取られてください。

  神聖天文バイブルからのメッセージ〈惑星シナリオ〉

〈North Node × Neptuneシナリオ〉

無条件の神から「冥王星」の惑星シナリオを通じて、「もう神を恐る必要はない、なぜなら間もなく人類は父と子と精霊の三位一体の神との無条件の愛の共同創造に招かれるから」という預言が啓示されたのは2013年のことでした。

 

その同じメッセージとエネルギーが10月8日の23時6分から、ドラゴンヘッドとも呼ばれる太陽と月の軌道が交わる魂の受胎点である「ノースノード」が子なる神イエスキリストを思い出すことを現し、集合無意識の象徴である「海王星(ネプチューン)」が父なる神への接見者である預言者モーゼを現すことで、72度構造でリンクされた二つの惑星シナリオによって伝えられています。

すなわち、いま集合無意識そのものが魂レベルから生まれ変わり魂に与えられた使命に目覚めて、三位一体の神との無限の共同創造を選択するべき時が来ています。それでもなお最終選択は神からあなたの自由意志へと委ねられているのです。

 

そして、その集合無意識の生まれ変わりと自由意志の選択を人類を代表して問われているのが、これを読んでいるあなたでもあるはずです。

実は、かつて無条件の神からの「冥王星」の惑星シナリオが、上記の子なる神イエスキリストを思い出すメッセージとエネルギーを啓示していた時代に、ピンポイントで建国された国があります。その国こそが1889年の2月11日に建国されたこの日本国なのです。

惑星シナリオと共に生きるための【無条件の祈り】

これが神のシナリオを受け取って創り出された無条件の祈りです。

これから祈る力が付いていくと、自分でも無条件の祈りが創れるようになります。

共に祈りましょう。

 

〈無条件の祈り〉

​もう恐れるものはなにもない

 

どんなことが起きても

それらはすでに体験することが

決まっていることだから。

無条件の愛に目覚めるために 3D

 

もう神を恐れる必要はない

 

人類全体で恐れていたことが現実化され炙り出されているのは、これまで闇への恐れの上に成り立っていた現実、価値観、人間関係、そして自分自身だと思っている状態すらも、手放す時が来ているだけだから。

恐れよりも根源にある本当の自分で、無条件の愛を選択できるように

 

無限を選択出来ないようにさせる有限の光よりも

信じられない理由になっている有限の命よりも

どんなに魅力的で執着したい有限の愛よりも

無条件の愛は圧倒的に強いから 2D

 

大丈夫

無条件の愛を神と創り出す完全なシナリオの中に生まれてきた命なのだから

 

そのシナリオを運行している

神を恐れるのでもなく

これから起きることに恐れる必要もなく

この時代を生きる

日本でこのメッセージを受け取ったものとして

世界に先駆けて

イエスキリストがあらわした

三位一体の無条件の光と命と愛の観点に

ただ委ねて生きることを選択するだけ 1D

 

父と子と精霊の無条件の愛のマリアトリニティ

IMG_3133 2.JPG

〈祈りの惑星シナリオ★一斉遠隔ワーク〉

日時 : 10月9日(土)14:00〜

場所 : お好きな場所で

 

お時間になりましたら【無条件の祈り】を捧げ

自分の感情でも思考でも体感でも、その全てに縛られない魂でも

「無条件の祈りのエネルギー」を受け取ってみてください。

 

【お申し込み方法】

下記の申し込みフォームから

一言メッセージを添えてお申し込みください。

https://select-type.com/e/?id=JZ4H-qjXdSk

 

さらに、ただ受け取るだけより

もっと祈りのエネルギーを大きく共同創造するには

自分も誰かのために祈ることです。

そこに受け取り、与える「交わり」生まれるからです。