東北 布教ツアー

2022.3.10

無条件の祈り・東北支部

どう向き合えばいいのかわからないままだった、3.11という日。

観たくないもの、なかったことにしたいものに蓋をしていることすら自覚のないまま、11年が経ち、同行させていただいたご神事で与えられたものは、全てを無条件に観るマリアさまの観点という救いでした

それは震災の闇罪孤独に蓋をしている東北の救いであり、地縁血縁の無原罪化に繋がり、過去の歴史から始まる信仰のねじれと、自分ごとだった3.11が繋がり、全てが神のシナリオの中で起きていることが顕されました(3D)

もう、悲しみや苦しみや後悔や罪悪感や、誰かを責めたり、責められたりするような、それをまた3月11日に思い出すのではなく、もうそれを最初の10年で十分に味わった上で、先に進みなさい、

 

その先に進むためのご神事であったことをマリア様から聡先生を通して伝えられ

闇罪孤独の中で愛すること、愛されていることを疑い、愛を観ないまま自分に閉じていたことに気づき、神の愛を求めることで神から渡され与えられる使命を今生きようとしています(2D)

神から与られた使命をハートに祀るマリア様を倣い

心も頭も体も神を愛し、神から愛され、神と愛し合うマリア様の無原罪のハートを観続け

信仰で繋がった神の家族と共に、各々の受け取った使命を生き

八ヶ岳と東北の土地を繋ぎ

狂気の時代の中でも、神と愛し合い無限の共同創造という

無条件の愛を外在する階段をひとつひとつ登り続け

マリア様と共に愛する神の意図が成就するよう祈りを捧げます(1D)

父と子と精霊の無条件の愛のマリアトリニティ

​東北支部 御神事

2022.3.11

聖地巡礼ツアー/20時間プログラム

2022.5.24~25